展示情報

貴重なコレクションを展示しているほか、当時のスタジオ兼オーディオルームを再現しています。
一部の音源は試聴もできます。

ただいまの展示

PERMANENT EXHIBIT常設展示

「岡崎出身の一人の人間がジャズを愛し、中でも日本のジャズを生涯にわたって支援してきた活動全般の成果」という観点から、内田修ジャズコレクションを紹介しています。最初に出会ったジャズレコード、情報収集のため海外からも取り寄せた関係書籍、ミュージシャンとの厚い信頼関係を物語る楽器や譜面など貴重な資料の数々や、第一線で活躍する日本人ミュージシャンたちの証言映像は、内田氏とジャズとの深い関係が、そのまま日本の戦後のジャズ史につながることを物語っています。

The Osamu Uchida Jazz Collection is presented as “the result of one person from Okazaki who loved jazz and stands out among jazz lovers for actively supporting Japanese jazz throughout his whole life”. His first jazz records, jazz publications ordered from overseas to gather information, a number of precious items like instruments and sheet music that speak of his cordial, trusting friendship with musicians, and testimonial footage of some of the foremost Japanese musicians tell the story of how Dr. Osamu Uchida’s deep relationship with jazz is linked to post-war Japanese jazz history.

RECORD LISTENINGレコード試聴

内田氏が収集したジャズレコードを、テーマを設けて入れ替えしながら展示紹介しています。CD化されず幻となっている貴重な音源が紹介されることも。壁面には国内外を問わずジャズの息吹を感じさせる優れたデザインのレコードジャケットや雑誌が飾られ、ジャズを心ゆくまで楽しめます。
※資料保存のため、試聴器ではデジタル化した音源をお聴きいただいております。

Jazz records collected by Dr. Uchida are presented according to theme and the content is rotated periodically. They have not been turned into CDs in order to also present the remarkable sound of the original records, a medium which has all but vanished. For your full jazz enjoyment, the walls of the exhibit are decorated with record jackets and magazine covers of noteworthy design, both foreign and domestic.

PRIVATE TAPESプライベート・テープ(試聴)

高柳昌行率いる新世紀音楽研究所の実験的演奏。1964年から33年間(計150回)続けられ、渡辺貞夫や日野皓正ら、日本を代表するミュージシャンたちが出演したヤマハ・ジャズ・クラブ。岡崎の自宅でのリハーサルやセッションなど。内田氏とミュージシャンとの強い絆を物語ると同時に、日本のジャズの貴重な記録ともいえるこれらプライベートテープが聴けるのは、世界でもここだけです。
※資料保存のため、デジタル化した音源をお聴きいただいております。

Experimental performances by Shinseiki Ongaku Kenkyūjo (New Age Music Laboratory), a group headed by Masayuki Takayanagi, rehearsals and sessions from Doctor’s Studio, and the Yamaha Jazz Club which continued for 33 years (a total 150 times), and more. Early performances by Sadao Watanabe and Terumasa Hino serve as precious records for the future that speak to Dr. Uchida’s strong bond with these musicians, and this is the only place in the world these performances can be heard.

DOCTOR'S STUDIOドクターズ・スタジオ

1964年に内田氏が病院内につくった本格的オーディオルーム兼スタジオ。岡崎を訪れたミュージシャンたちのオアシス的空間として親しまれ、数々のセッションやリハーサルが行われました。この伝説のスタジオを当時の写真や映像、関係者の証言をもとに再現し、オーディオ装置、楽器、音響調整卓、調度品類は当時のまま展示しています。
1960年代の名器からなるオーディオ装置の一部は現在も現役で活躍し、展示室イベントにてドクターズ・スタジオでレコードをご試聴いただけます。(詳しくはイベントページをご覧ください)

A professional studio and audio room Dr. Uchida built inside his hospital in 1964. Doctor’s Studio was well regarded as an oasis for musicians who visited Okazaki, and a great number of rehearsals and sessions took place there. This fabled studio has been recreated with the help of testimonials from individuals had a connection to it, as well as photos and video recordings from that time. On display in the room are audio equipment, instruments, a mixing deck, and furniture from the time the studio was in use. In addition, record concerts made using rare 1960’s era instruments and equipment are held from time to time.