所蔵コレクション

内田氏から岡崎市へ寄贈された、トップアーティストによる若き日の演奏記録テープをはじめ、
「ミュージシャンたちに聴かせたら参考になるだろう」と収集された今では入手困難なレコード群、
膨大なジャズ専門誌など、貴重な品々が保存・展示されています。

RECORD COLLECTIONレコードコレクション

1993年(平成5年)、内田修氏から岡崎市に寄贈された膨大なジャズレコードのコレクション。その数12,308枚。輸入盤LPレコード4,742枚、国内盤7,566枚。1950年代から1980年代のレコードが、約40年間にわたって内田氏の審美観に裏付けられて集められました。おそらく世界に例のないコレクションであり、非常に価値の高いコレクションです。

またこれらのレコードは、すべて丁寧に聴かれており盤面のキズも少なく、温度、湿度などが調整された部屋に一枚ずつビニール袋入れられ、木製ラックに垂直に保管されたため、30~40年たった今も初期の状態の美しい姿を保っています。

RECORD COLLECTION DATABASE レコードコレクション・データベース検索

PRIVATE TAPEプライベートテープ(オープンリールテープ)

オープンリール方式の録音テープ847本は、1950年代から1990年代後半に至る日本のジャズ史の側面を記録した貴重な内容のものです。

コレクションの中には、内田氏が30代半ばの頃、夜行列車で郷里岡崎から東京まで手に下げて運んだソニー製テープレコーダー〈777〉で収録された銀座シャンソン喫茶「銀巴里」での「新世紀音楽研究所」のメンバーによる実験的なジャズ演奏を捉らえたものがあります。これは、その後の日本のジャズシーンをリードしていく高柳昌行、菊地雅章、日野皓正、山下洋輔らの若き日の貴重な演奏記録であり、永く後世に残される宝物です。

MAGAZINE書籍

ジャズ関連書籍、その数およそ2,200冊。主なもの、『ダウンビート』(アメリカ版)、『ダウンビート』(日本語版)、『メトロノーム』(アメリカ版)、国内版『ジャズジャーナル』、『ジャズライフ』、『ジャズマンスリー』、そして国内最大手出版物の『スイングジャーナル』など膨大なジャズ専門誌がコレクションされています。

月刊誌なら年間12冊の出版物ですから、長大なジャズの歴史を腑瞰することができる数量です。
今後20世紀後半のジャズを知るための貴重な文化的財産です。